歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

MENU

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<

 

歯のホワイトニングの原理とは

歯の黄ばみなどが気になりだしたら歯医者で歯のクリーニングを受けるとある程度歯を白くすることができます。歯の黄ばみや歯の汚れなどをある程度落とすことで、歯を元の歯の色に近づけてくれる効果が期待できるため、定期的に歯医者で歯のクリーニングを受けてみるのもいいでしょう。
また、かなり濃い歯の黄ばみや歯の汚れに関しては、歯のクリーニングだけでは対処しきれない場合があります。そのような場合には、歯のホワイトニングをすることで、歯を白くすることができます。
歯に付着してしまった色素などを落としたり、また、色素を分空きすることで、歯の明るさを向上させ、歯そのものを白くすることができます。そのため、歯を直接削ったりすることもなく、歯を白くすることができます。
これは、歯に対して有効な手段であり、詰め物などをしている場合には、その詰め物まで白くすることはできないといわれています。また、虫歯などがあったり、治療中の歯がある場合などは、その状態により先に治療を終わらせてから、ホワイトニングをするか、また、ホワイトニング後に治療をするか、歯医者側の判断によりパターンが違います。
歯のホワイトニングの画像
歯を白くすることで、さまざまなメリットもあります。周囲からのイメージアップになったり、また、歯の黄ばみや汚れなどにより、コンプレックスを抱えている方などは、歯が白くなることで、コンプレックスが解消することもあるでしょう。また、自分のルックスにもある程度自信を持つことにもつながることもあるので、活発な行動が取れるようになる場合もあります。
歯の黄ばみや歯の汚れなどは、生活の中で食事であったり、タバコなどを吸う習慣があったりすることでも、黄ばみになりやすい傾向があるため、ホワイトニングで歯を白くした場合には、その後の生活も一度見直して、黄ばみや汚れなどが歯に残らないように心がけることも大切です。歯に着色しやすい食べ物や飲み物などをできるだけ控え、タバコを吸う方は、禁煙を心がけることでもだいぶ、黄ばみなどの予防につながることでしょう。
また、食事で着色しやすい食べ物や飲み物などが出た場合などは、食事が終わった後に、すぐ水で口をゆすぐことが大切です。そうすることで、ある程度、着色を防ぐことにもつながります。また、歯磨きも歯の汚れを残さないためには重要ですが、食事後すぐに歯を磨くと歯の表面のエナメル質にダメージを与えることもあるため、少し時間を空けてから歯磨きをすることも黄ばみや汚れ対策になるでしょう。

 

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<