歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

MENU

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<

 

歯のホワイトニングの副作用とは

歯の黄ばみに悩んでいる人は、白い歯というのは憧れです。それで歯を白くするホワイトニングを試してみたいという人もたくさんいることでしょう。ホワイトニングは専用の薬剤ジェルを歯の表面に塗布して歯を白くしていく施術です。
審美歯科などでも施術してもらえるし、自宅で自分でするホームホワイトニングという方法もあります。長年悩んでいた歯の黄ばみが、ホワイトニングによって白くできるのであればこんなに嬉しいことはないでしょう。
薬剤に入っている歯を白くする成分は、過酸化水素といって過酸化水素の濃度が高いほど歯を白くする効果も比例して高くなります。そのぶん、知覚過敏などの副作用がでやすくなるといわれているので留意しておく必要があります。知覚過敏がでるかどうかは、体質などによって違いがあり、個人差が大きいです。まったく出ないという人もいますが、中には非常に過敏に反応し、いたみやしみる、などの症状が何日間も続く人もいます。そういった人は、濃度の低い薬剤ジェルから始めてみたほうがいいでしょう。じょじょに慣れてきたら濃度を高くしていってもいいかもしれません。
歯のホワイトニングの画像
一度の施術で自分の理想の白さにならない場合は、何回か回数が必要になります。まったく白くならないということはなく、1回ホワイトニングをすれば、だいたい1トーンから2トーンくらい白くなるのが一般的です。それからホワイトニングは漂白して歯を白くする方法なので、歯の汚れなどは落とせない場合があります。その場合は、歯のクリーニング、歯のケシゴムなどを使用して汚れを落としたほうが良いでしょう。歯をきれいにして思い切り笑ったりしゃべったりできれば、それだけで明るい気持ちにもなれるはずです。

 

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<