歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

MENU

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<

 

歯のホワイトニングに重曹は効果ある?

食用や掃除など、様々な用途ができる万能材料として注目される重曹は、活用方法のひとつとして歯のホワイトニングに利用でき、さらに虫歯、歯周病、口臭予防にも役立つと噂になっています。確かに重曹は掃除用のクレンザーのように、細かい粒子によって研磨剤としての役割を持ち、その性質から昔は歯磨き粉の材料として使われてきた実績があります。しかし、実際には重曹は効果がないとして、ホワイトニングの期待できません。歯科医で行うホワイトニングは過酸化水素という薬剤を使用し、歯の内部まで浸透させて着色する色素を漂白するようになっています。歯の黄ばみは歯の表面に付着する茶渋やタバコのヤニ、その他の汚れといったものも影響しますが、本質的にはエナメル質内部にまで沈着した色素が原因です
歯のホワイトニングの画像
。歯の表面にあたるエナメル質が薄いと黄ばみが目立ち、歯が汚れているように見えるのでホワイトニングを必要としますが、ここに研磨剤となる重曹を用いても色素を取り除くことは不可能なのです。市販の歯磨き粉でも使用されていた経緯から考えると分かりますが、歯の表面の着色汚れに対して研磨作用によるクリーニング効果はありますが、内部に浸透することはできないので歯を白くするといったことはできません。むしろ重曹単体で歯磨きをすると、大粒の研磨剤が強くエナメル質を削り、歯の表面にキズを続けるなどの問題が発生しやすくなります。表層部分が削れることによってエナメル質が薄くなり、逆に色素が浮き上がり黄ばんだ歯が目立つようになる可能性もあるので、一般的にはおすすめできるものではありません。白い歯を作るのであれば、研磨作用の強い重曹は使用せず、素直に歯科医院でホワイトニングの治療を受けるのが良いでしょう。

 

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<