歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

MENU

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<

 

歯のホワイトニングに保険は使える?

人間の歯は、年齢と共にだんだんと黄ばんでいくという性質があります。これは、カレーや赤ワインといった着色性のある飲食を繰り返すうちに、少しずつ歯の色まで着色されていくからです。また、年を取ると、歯の内部にある象牙質の色が濃くなっていくために、内側からも歯の色が黄ばんでいく傾向があります。白い歯の見える笑顔というのは、性別を問わず魅力的なものです。そのため、歯のホワイトニングを希望する人が年々増えています。
一昔前までは、ホワイトニングをするのは、芸能人などの限られた人だけでした。しかし、結婚式前や面接の前などの人生の節目の時期に一般の人も行うようになり、最近ではお顔のエステを受ける感覚と同様に歯を白くしようと考える人が増えてきます。
歯のホワイトニングの画像
ホワイトニングをするためには、歯科医院に行く必要があります。エステでも歯を白くするメニューがありますが、歯科医院でなければ歯を漂白する薬剤を使用できません。歯科医院は虫歯や歯周病など病気を治す際には保険を使えるので、治療費は3割の負担で済みます。けれども、歯を白くするというのは病気に対する治療ではないので、保険使えないことになっています。保険治療は国によって治療費が一律に決まっていますが、保険外の場合は歯科医院が独自に料金を設定することができます。そのため、同じホワイトニングの処置でも歯科医院ごとに料金が変わってきます。歯科医院で行うオフィスホワイトニングが1〜3万円、マウスピースを作ってもらい自宅で行うホームホワイトニングが5000〜30000円程度の費用が平均でかかります。より短期間で歯を白くしたい場合は、両方の方法を同時に行うデュアルホワイトニングもあります。

 

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<