歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

MENU

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<

 

妊娠中に歯のホワイトニングは大丈夫?

男女ともに歯の黄ばみや歯の汚れは気になるものだといえます。特に営業職の人であれば、あまり汚い歯をしていては顧客の心証に関わるからです。とはいえ、こういった歯の汚れ、黄ばみを除去することで歯を白くするホワイトニングは、病院にいってやってもらう場合は医療行為になります。ですから、薬剤を用いて治療をすることになります。その場合、妊娠中にホワイトニングを受けることは可能なのでしょうか。危険性はないということができるのでしょうか。
結論からいえば、ホワイトニングが妊娠中の女性およびその胎児に影響を及ぼすかどうかは、現時点ではわかっていないというのが現状です。というのも、ホワイトニングでは歯を白くするために薬剤を使うわけですが、この薬剤は健康な人であればまったく副作用の心配がないものです。しかし、妊娠中の女性および胎児には、何が悪影響を及ぼすかわかりません。そのため多くの薬や医療行為が妊娠中には避けられているわけです。ですから、必ずしも妊娠中のホワイトニングが悪影響を及ぼすとは限りませんが、医師のほうでも妊娠中は治療を避けるようにいわれることがほとんどだといえます。
歯のホワイトニングの画像
一方病院ではなく、市販の薬剤でホワイトニングを行うという方法もあります。こちらも妊娠中にどのような影響が起こるかはわかっていませんが、そもそも市販の薬剤を用いると、歯が余分に削れてしまうこともありえます。そのため、安心して治療したい場合はやはり病院に行くべきだといえるでしょう。
このように考えると、妊娠中のホワイトニングを病院で受けることは避けるべきだといえます。ホワイトニングを受けたい場合は、出産後に行うのが無難だということになります。

 

>>歯のホワイトニングおススメランキングはこちら<<