歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

MENU

歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

歯のホワイトニングの画像

歯のホワイトニングにおすすめ情報を掲載しています。ホワイトニングの基礎知識や疑問や悩み、口コミ商品などを掲載しています。ホワイトニングに興味がある方にたくさんの情報をお届けします。
このサイトでは安心安全になおかつ歯のホワイトニングにとても良い歯磨き商品をご紹介しています。

 

 

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

公式 サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像
保証 返金保証なし 45日間返金保証 30日間返金保証
商品名 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX プラス Blanica(ブラニカ)
人気
評判
タイプ 液体タイプ 液体タイプ ジェルタイプ
特徴 ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸が歯の表面にこびりついている頑固な汚れを除去。黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防・短時間で汚れを除去 ステイン・汚れ除去効果。強力に吸着していてもまっさらに。ポリリン酸、ピロリン酸を新配合。歯と同じ成分で白くコーティング。ハイドロキシアパタイトの中でも密着しやすい板状のものを独自配合。磨けば磨くほどキレイに
内容量 30g 30g 30ml
価格 3,980円 3,240円 2,430円
公式サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像

 

ホワイトニングのすすめ

歯のホワイトニングについて、たくさんの疑問や悩みなどを見かけます。
ホワイトニングにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?もちろんメリットとしては歯が白くなり、コンプレックスがなくなるなどのメリットはありますが、意外と知られていないデメリットもたくさんあるのです。

 

例えば、歯のホワイトニングをするときの痛みはあるのかとか、ホワイトニングの原理を知りたいとか、ホワイトニングにかかる費用はどれくらいなのか、とか様々な疑問や悩みがあります。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングの副作用とは

歯の黄ばみに悩んでいる人は、白い歯というのは憧れです。
それで歯を白くするホワイトニングを試してみたいという人もたくさんいることでしょう。ホワイトニングは専用の薬剤ジェルを歯の表面に塗布して歯を白くしていく施術です。

 

審美歯科などでも施術してもらえるし、自宅で自分でするホームホワイトニングという方法もあります。長年悩んでいた歯の黄ばみが、ホワイトニングによって白くできるのであればこんなに嬉しいことはないでしょう。

 

薬剤に入っている歯を白くする成分は、過酸化水素といって過酸化水素の濃度が高いほど歯を白くする効果も比例して高くなります。
そのぶん、知覚過敏などの副作用がでやすくなるといわれているので留意しておく必要があります。

 

知覚過敏がでるかどうかは、体質などによって違いがあり、個人差が大きいです。まったく出ないという人もいますが、中には非常に過敏に反応し、いたみやしみる、などの症状が何日間も続く人もいます。
そういった人は、濃度の低い薬剤ジェルから始めてみたほうがいいでしょう。
じょじょに慣れてきたら濃度を高くしていってもいいかもしれません。
歯のホワイトニングの画像
一度の施術で自分の理想の白さにならない場合は、何回か回数が必要になります。
まったく白くならないということはなく、1回ホワイトニングをすれば、だいたい1トーンから2トーンくらい白くなるのが一般的です。
それからホワイトニングは漂白して歯を白くする方法なので、歯の汚れなどは落とせない場合があります。
その場合は、歯のクリーニング歯のケシゴムなどを使用して汚れを落としたほうが良いでしょう。
歯をきれいにして思い切り笑ったりしゃべったりできれば、それだけで明るい気持ちにもなれるはずです。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングの費用(クリニックの場合)

歯科クリニックで歯を白く使用とする場合、ホワイトニングをすることで希望を叶えることができます。
しかし、より効果的に白くするためには、なぜ歯の黄ばみが起こるのかを知る必要があります。
人間の歯は、乳歯から永久歯へと生え変わります。乳歯の方が色が白く、永久歯の方が少し黄色が入った白い色をしています。
子供の頃は、誰でも白い歯ですが、年齢とともに黄色が濃くなります。これは、カレーなどの着色性のある飲食を繰り返すことで、表面に歯の汚れとして沈着していくことと、歯の内部にある象牙質という部分が加齢で黄ばんでいくという二つの理由があります。
歯の外側と内側から黄ばんでいくので、それぞれに対して処置をすることが大切になります。
まず、手軽に行えるのが歯の外側への処置です。
毎日歯を磨いていても、歯と歯の間などの細かい所の汚れを落としきるのはとても難しいことです。
そこで、歯科医院では、専用の機械を使って歯のクリーニングを実施しています。歯石が付いているなどの状態であれば健康保険が適用されるので、数千円の負担でお口の中全体をきれいにすることができます。
歯ブラシでは落とすことのできないヤニや茶渋もきれいになるので、歯の色が一段白くなったと実感できるでしょう。
歯のホワイトニングの画像
さらに細かいクリーニングには健康保険が使えないのですが、歯の表面をツルツルに磨き上げる効果があります。
5000〜数万円の金額がかかりますが、その価値は多いにあります。
クリーニングをしてからホワイトニングをした方が、成分の浸透がよくなります。
歯を白くするには、2種類あります。
歯科医院でスタッフに行ってもらうオフィスホワイトニングは、診療台の上に横になっているだけで歯を白くすることができます。
1回の施術だけでも効果を感じられるほどで、高濃度の特殊な薬剤を歯に塗り、光を照射させることで歯の内部まで成分を浸透させます。

この場合の費用は1回に付き1〜3万円が目安になります。
もうひとつの方法は、マウスピースを作成してもらい、そこに専用のジェルを入れて自宅で行うホームホワイトニングです。
1回やっただけでは歯を白くすることは出来ませんが、繰り返すことで少しずつ歯が白くなっていきます。
歯科医院に何度も通うことができない、忙しい人でもホワイトニングができます。
費用は5000〜2万円程度になります。ジェルを追加購入すれば、いつでも自宅で歯の黄ばみのケアができると人気です。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングの原理とは

歯の黄ばみなどが気になりだしたら歯医者で歯のクリーニングを受けるとある程度歯を白くすることができます。
歯の黄ばみや歯の汚れなどをある程度落とすことで、歯を元の歯の色に近づけてくれる効果が期待できるため、定期的に歯医者で歯のクリーニングを受けてみるのもいいでしょう。
また、かなり濃い歯の黄ばみや歯の汚れに関しては、歯のクリーニングだけでは対処しきれない場合があります。そのような場合には、歯のホワイトニングをすることで、歯を白くすることができます。

 

歯に付着してしまった色素などを落としたり、また、色素を分空きすることで、歯の明るさを向上させ、歯そのものを白くすることができます。そのため、歯を直接削ったりすることもなく、歯を白くすることができます。
これは、歯に対して有効な手段であり、詰め物などをしている場合には、その詰め物まで白くすることはできないといわれています。
また、虫歯などがあったり、治療中の歯がある場合などは、その状態により先に治療を終わらせてから、ホワイトニングをするか、また、ホワイトニング後に治療をするか、歯医者側の判断によりパターンが違います。
歯のホワイトニングの画像

 

歯を白くすることで、さまざまなメリットもあります。
周囲からのイメージアップになったり、また、歯の黄ばみや汚れなどにより、コンプレックスを抱えている方などは、歯が白くなることで、コンプレックスが解消することもあるでしょう。
また、自分のルックスにもある程度自信を持つことにもつながることもあるので、活発な行動が取れるようになる場合もあります。

 

歯の黄ばみや歯の汚れなどは、生活の中で食事であったり、タバコなどを吸う習慣があったりすることでも、黄ばみになりやすい傾向があるため、ホワイトニングで歯を白くした場合には、その後の生活も一度見直して、黄ばみや汚れなどが歯に残らないように心がけることも大切です。
歯に着色しやすい食べ物や飲み物などをできるだけ控え、タバコを吸う方は、禁煙を心がけることでもだいぶ、黄ばみなどの予防につながることでしょう。
また、食事で着色しやすい食べ物や飲み物などが出た場合などは、食事が終わった後に、すぐ水で口をゆすぐことが大切です。
そうすることで、ある程度、着色を防ぐことにもつながります。また、歯磨きも歯の汚れを残さないためには重要ですが、食事後すぐに歯を磨くと歯の表面のエナメル質にダメージを与えることもあるため、少し時間を空けてから歯磨きをすることも黄ばみや汚れ対策になるでしょう。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングに痛みはあるの?

私は接客業をしているので、日頃から身だしなみには気を付けています。
ですが、歯のホワイトニングはあまり気にしたことがなく、ケアをしていませんでした。
そんなある日、海外ドラマを見ていると、出演している人の歯が白いことに気が付いて、歯が白いと清潔感があるなと思いました。それで自分の歯を鏡で見ると、黄色くなっていて、着色汚れが目立ちました。
こんな歯で接客するのはいけないと思い、歯科でホワイトニング治療を受けることにしました。
私は家で行うホームホワイトニングを選んだのですが、薬剤が染みて続けるのが苦痛でした。それで結局途中でやめてしまいました。
痛みを感じることなく、自宅でホワイトニングができないかとネットで探していたところ、薬用ちゅらトゥースホワイトのことを知りました。
歯のホワイトニングの画像
歯をいためることなく、着色汚れを取り除き、さらに口臭や虫歯、歯周病予防にもなるとのことで、すぐに注文しました。ホワイトニングは痛いというイメージがあったのですが、薬用ちゅらトゥースホワイトは普通の歯磨き剤と変わらない使用感で痛みは全くありません。
使い方も歯ブラシにつけて磨くだけなので、普通に歯磨きをしているのと変わりません。
ホームホワイトニングでは、マウスピースを何時間も装着しないといけなかったので、薬用ちゅらトゥースホワイトの手軽さに驚きました。
ただし効果はすぐにはあらわれず、使用して1ヶ月くらい経つと、なんとなく薄くなってきたかなと感じるくらいでした。
ですが、2ヶ月を過ぎる頃になると、黄色くなっていた部分がなくなり、歯の色が明るくなりました。海外ドラマの役者さんのように白い歯ではありませんが、本来の歯の色に戻り、健康的な印象になりました。
私には薬用ちゅらトゥースホワイトでのケアが合っていると思うので、この状態を維持するために使い続けたいと思います。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングに保険は使える?

人間の歯は、年齢と共にだんだんと黄ばんでいくという性質があります。
これは、カレーや赤ワインといった着色性のある飲食を繰り返すうちに、少しずつ歯の色まで着色されていくからです。
また、年を取ると、歯の内部にある象牙質の色が濃くなっていくために、内側からも歯の色が黄ばんでいく傾向があります。
白い歯の見える笑顔というのは、性別を問わず魅力的なものです。そのため、歯のホワイトニングを希望する人が年々増えています。
一昔前までは、ホワイトニングをするのは、芸能人などの限られた人だけでした。
しかし、結婚式前や面接の前などの人生の節目の時期に一般の人も行うようになり、最近ではお顔のエステを受ける感覚と同様に歯を白くしようと考える人が増えてきます。
歯のホワイトニングの画像
ホワイトニングをするためには、歯科医院に行く必要があります。
エステでも歯を白くするメニューがありますが、歯科医院でなければ歯を漂白する薬剤を使用できません。
歯科医院は虫歯や歯周病など病気を治す際には保険を使えるので、治療費は3割の負担で済みます。
けれども、歯を白くするというのは病気に対する治療ではないので、保険使えないことになっています。
保険治療は国によって治療費が一律に決まっていますが、保険外の場合は歯科医院が独自に料金を設定することができます。
そのため、同じホワイトニングの処置でも歯科医院ごとに料金が変わってきます。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングが1〜3万円、マウスピースを作ってもらい自宅で行うホームホワイトニングが5000〜30000円程度の費用が平均でかかります。より短期間で歯を白くしたい場合は、両方の方法を同時に行うデュアルホワイトニングもあります。
歯のホワイトニングの画像

 

ホワイトニングのあれこれ

歯のホワイトニングには様々な疑問や悩みがあることが分かりました。ホワイトニングをするにあたって、詰め物はしていてもよいのか?
ホワイトニングには保険が使えるのか?
自宅でホワイトニングをするには?など。
まだまだ疑問があると思います。

 

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

公式 サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像
保証 返金保証なし 45日間返金保証 30日間返金保証
商品名 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX プラス Blanica(ブラニカ)
人気
評判
タイプ 液体タイプ 液体タイプ ジェルタイプ
特徴 ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸が歯の表面にこびりついている頑固な汚れを除去。黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防・短時間で汚れを除去 ステイン・汚れ除去効果。強力に吸着していてもまっさらに。ポリリン酸、ピロリン酸を新配合。歯と同じ成分で白くコーティング。ハイドロキシアパタイトの中でも密着しやすい板状のものを独自配合。磨けば磨くほどキレイに
内容量 30g 30g 30ml
価格 3,980円 3,240円 2,430円
公式サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像

なぜ、歯が白いだけでその人の印象が大きく変わるのか!

歯のホワイトニングは、好印象を与えるためには欠かせないものです。とくに欧米などでは、歯をきちんとメンテナンスしていないことは、信頼性の低下へと直結してしまいます。
そうした風潮は、日本においても近年顕著になっています。メディアに登場する芸能人やコメンテーターなどは、歯の審美性にたいへん気を使っています。
さらに有名人ではなくとも、人と接する機会の多い営業や教職に携わる人にも、歯のホワイトニングの需要は高まっているのです。
そもそも、どうして歯の白さと印象に相互作用があるのでしょうか。
それは、人の表情を大きく左右されるからです。人間は感情の動物であり、しかもそれを共有することができます。それは1996年に発見されたミラーニューロンの働きにより、脳科学的にも実証されています。そのため、他人が怒っていると、自分もネガティブで攻撃的な感情に苛まれるようになります。
逆に周囲の人が穏やかに笑っているのであれば、自らも和やかな気持ちになっていくのです。
つまり、いい笑顔こそが、相手の感情から好意的なものを引き出すことができます。
しかし、せっかく満面の笑みを浮かべても、歯が黄ばんでいたり、黒ずんでいたりすれば台無しです。
人は悪い点ほど目につく生き物です。だから、屈託のない笑顔よりも、歯の不潔さばかりが気になって、そこのみが印象に残ってしまうのです。これが真っ白な歯であれば、笑顔がより引き立ち、鮮烈な好印象を与えることができます。
人気モデルが着たファッションが一大ブームを引き起こすように、その人の身体的特徴こそが、感情と衆目を左右します。抜群のプロポーションを手に入れることは、一朝一夕ではできません。しかし歯を白くすることは、比較的短期間で実現できます。
これが、歯のホワイトニングが行われる理由なのです。
また、相手への印象効果だけではなく、自身の内面を変える働きもあります。
自分の歯がどうなっているかということは、自身が一番よく理解しているものです。
そこで歯が黒ずんでいたり、黄ばんでいるならば、あまり歯を晒そうとい気にもなりません。そうすると笑顔も遠慮がちになり、自然と引っ込み思案で自信のない態度へと落ち込んでいくのです。
これでは、好印象を与えるどころではありません。
しかし歯のホワイトニングを行うことで、コンプレックスを一掃し、堂々と笑顔を見せることができます。

社会的成功を収める第一歩として、歯のホワイトニングは極めて有効な手立てといえるのです。

 

 

歯が黄ばむ原因とは?

歯が白いと笑顔が素敵に見え自信を持って笑えますね。
しかし歯の黄ばみに悩んでいる人も多いでしょう。
赤ちゃんの歯は真っ白でとても綺麗な色です。永久歯は乳歯に比べると若干黄色寄りの色に生えてくるそうです。
人によって元の歯の色も違う物です。しかし様々な生活習慣が歯の黄ばみの原因になります。まずタバコを吸う人。
特にヘビースモーカーの人は注意です。タバコのヤニが歯の表面に付着してしまうのです。特に自分ではあまり見ない歯の裏側などは茶色くなっている可能性も。
同じように歯の表面に付着する物として、コーヒー・紅茶・赤ワイン・ココア・トマト・ブドウ・ケチャップ・ソースなど色の濃い食品も歯の黄ばみに影響が出て来ます。
食後や喫煙後の歯磨きはきちんとすることが大切です。それでも長期間の摂取で徐々に黄ばみが出て来たりするので、こまめに歯医者さんで歯石取りやクリーニングをするのがオススメです。
虫歯を放っている人も注意が必要です。虫歯が進行すると段々黄ばみを帯びてきます。さらに悪くなると茶色や黒に変化するため早めの治療を心がける事です。
その他に小さい頃服用していた抗生物質に原因になる事も。抗生物質の中にはテトラサイクリン系と呼ばれる物があり、副作用によって歯が黄色く変色することがあるのです。
そのため小さい子供は避けるべきとされています。最近ではほとんど見ない様ですが、一部の薬では使われている様です。
しかし歯が黄ばむ理由のほとんどは食事や喫煙など毎日の生活の蓄積です。
そのため段々と年齢と共に黄ばみが出る事が多いのですね。
歯の黄ばみをきちんと取るには歯医者さんのクリーニングやホワイトニングが一番効果があるでしょう。
歯を傷つけず、専用の機械や漂泊する薬剤で綺麗にしてくれます。歯のホワイト二ングになると自由診療のため病院によって料金も様々です。
なるべく普段の生活で黄ばみを予防できるよう気を付ける事も大切です。色の濃い物を食べたり飲んだりした後は歯磨きが基本になりますが、すぐに磨けない時は口をゆすぐだけでも違います。
研磨剤入りの歯磨き粉で強く磨きすぎるのも注意です。ゴシゴシ磨くとスッキリした感じがしますが、研磨剤で歯の表面に細かい傷がついたり削られたりして汚れや色素沈着しやすい状態になる事もあります。

研磨剤の入っていない歯磨き粉を使ったり、力を入れすぎず細かく丁寧に磨きましょう。
黄ばみを予防し、歯のホワイトニングをして綺麗な白い歯を目指しましょう。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉の選び方の3つのポイント!

白い歯は、清潔感があり若々しく見せてくれたりします。
歯のホワイトニングをしたいと思った時に、自宅でできるケアは主に、歯磨き粉を使ったケアです。
特にホワイトニング効果のある歯磨き粉は、歯が持つ本来の白さを取り戻すのに役立ちます。毎日口にする食べ物は、色素沈着をおこして、歯の白さを徐々に奪っていきます。
その為、毎日食べた後に歯磨きをして歯の汚れを落とすことで色素沈着を防ぐことが理想的です。
歯磨き粉は毎日使うものなので、自分に合ったもの、効果のあるものを選び続けることが大切です。その為に、正しい選び方を知っておくと実際にホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時に役立ちます。

 

含まれている成分

まず一つ目は、含まれている成分を確認することです。
特に研磨剤は、汚れをしっかりと落とす効果が高いので、子供やお年寄りの弱い力でも汚れを落としてて、口臭や虫歯予防につながります。
しかし研磨剤を大量に使用していると、磨く時に歯の表面も傷つけてしまってエナメル質が薄くなってしまいます。その為、毎日の歯磨きには研磨剤があまり多く含まれていないものを選ぶ方が良いでしょう。有効成分の中には、汚れを落としつつ歯をコーティングすることで新たな汚れがつきにくくするものもあります。短鎖ポリリン酸や分割ポリリン酸にはそのような効果が期待できるので、成分表を確認しておくと良いです。
また歯磨き粉の有効成分にはアレルギーを示すものもある為、アレルギーを持っている方は注意が必要です。

 

コストパフォーマンス

二つ目は、コストパフォーマンスに優れているものを選ぶことです。歯のホワイトニングはすぐに効果があらわれるとのではありません。
効果を感じる為には、ある程度の期間使い続ける必要がある為、高価な歯磨き粉では長く続けられない可能性があります。
無理のない値段で長く続けていけるものを選ぶようにします。

 

使いやすさ

三つ目は、使いやすさで選ぶことです。歯磨き粉は、ジェル、パウダー、チューブ、泡立ちが良いもの、悪いもの、水を使わないものなど、様々なタイプがありますが、好みは人によって違います。
歯磨きは毎日行うものですし、人によっては毎食後歯磨きをする方もいます。
嫌いな香りや苦手な使用感のものを選んでしまっては、歯磨きすることが苦痛になる可能性があります。
そうなるとストレスになりますし、続けることが難しくなる可能性があります。
快適に使い続けることができるように、自分の好きな使用感や香りのものを選ぶことがポイントです。

歯のホワイトニング 安全性とデメリット

輝くような白い歯を手に入れることができたら何と素晴らしいのでしょう。多くの人が、そんな期待を抱いて歯のホワイトニングを行なっています。
しかし、実際にホワイトニングを行なう前に、是非とも確認しておきたい点があります。それは安全性とデメリットでしょう。これらの点をしっかり考慮し、理解した上で、実際に行なうかどうかを決定できるでしょう。

 

では、歯のホワイトニングの安全性については何と言えるでしょうか。
歯科医院で一般に用いられる方法は、専用の薬剤を塗り、特殊な光を当てて薬剤の効果を一層高めるという方法です。
用いられている薬剤の主成分は過酸化水素であると言われています。実際、過酸化水素は一般に口の消毒や体の消毒などにも用いられている成分です。

 

これまで長年にわたり、さまざまな研究が行なわれた結果、安全性のある成分として実証されています。

 

また、効果を高めるために照射する光に関してですが、微量の窒素や酸化チタンといったものが配合されることがあります。
これらの成分は、一般の食品にも使用が認められている成分であるため、安全性に関して特に問題にはならないと考えられています。
歯のホワイトニングの画像

 

このように、安全性の面で問題のない薬剤や光を使って行なわれると同時に、行なう人も歯科医院の専門家です。

 

そのため、治療に関わる全ての面で安全であると期待することができるでしょう。

 

しかし、こうしたホワイトニングにも幾つかデメリットがあるのは事実です。
その一つは、人によっては痛いと感じる場合があるということです。どんな場合に痛いと感じるのでしょうか。
一般的に言って、私たちの歯は、エナメル質の内側に象牙質があり、それによって歯の神経は保護されています。しかし、エナメル質が薄くなっていたり削れていたりすると、薬剤が神経まで届いてしまい、痛いと感じる場合があるのです。さらに、虫歯があったり、知覚過敏であったりする場合にも痛みが出やすいため、注意が必要でしょう。

 

このような痛みの他にも、もう一つのデメリットとして費用の面を挙げることができます。
一般に、歯科医院でホワイトニングを行なうと、一本の歯につき、何千円もの費用がかかってしまうものです。
この費用は、照射する光の種類によっても異なることでしょう。いずれにしても、かかる費用は決して安いわけではなく、加えて、一回の治療では満足できる白さにならないことが多いため、何回か治療を受ける必要が生じるかもしれません。その分費用もかさむため、これらの点も考慮して賢く選びましょう。

 

 

ブライダル前の歯のホワイトニングが人気の理由

結婚式では、自然と笑顔が多くなります。しかし普段はあまり気にならない歯の色も、真っ白なウエディングドレスとの対比で黄ばんで見えてしまいます。
結婚式前に歯のホワイトニングをやっておけばよかったと後悔している方は意外と多いので、ブライダルホワイトニングはブライダルエステ同様になくてはならないものになっています。

 

ただ、ブライダルでは多くの費用がかかるため、歯のホワイトニングにかける費用はできるだけ抑えたいところです。
クリニックに通って歯を白くするオフィスホワイトニングでは、1回につき3万円〜6万円位が相場になっています。マウスピースを作成して自宅でケアをするホームホワイトニングの場合、値段が少し下がり1万円〜4万円位が相場で、その後は薬剤を購入すればよいので、クリニックに通うよりも安価です。そして、どちらの方法も専門のクリニックで行うと、もう少し価格が抑えられます。

 

結婚式では色々と準備しなければならないので、時間を有効活用するために自宅でのケアを希望する方も多いのではないでしょうか。そこで利用したいのが、薬用ちゅらトゥースホワイトです。医薬部外品なので効果が高く、クリニックで施術するよりも大幅に費用を抑えられます。

 

使い方は普段通りに歯磨きをした後で、薬用ちゅらトゥースホワイトを歯ブラシにつけて歯を丁寧にブラッシングして、終わったら口をゆすぐだけです。歯磨きのついでにケアができるので、改めてお手入れのための時間をとる必要がありません。
歯のホワイトニングの画像
薬用ちゅらトゥースホワイトには、歯にこびりついた黄ばみ汚れを浮かせるポリアスパラギン酸と色素沈着を防ぐリンゴ酸が配合されています。
歯ぐきの健康を保つビタミンCと、虫歯菌から大切な歯をガードするGTOも配合されているので、虫歯や口臭予防にもつながり、薬用ちゅらトゥースホワイトだけで口の中のトータルケアができます。

 

ボトルはとてもコンパクトなので持ち運びしやすく、外出先でも歯と歯ぐきのお手入れが可能です。
クリニックで施術をして歯を白くするには早めの利用が肝心ですが、健康保険が適用されないのでどうしても費用がネックになってしまいます。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトは、1本当たり通常価格で税別4,980円、定期コースの利用で税別3,980円で利用できるので、ブライダル前の早い段階でケアが始められます。

 

色素沈着の度合いで変わりますが、およそ1ヶ月で効果を実感している方もいるので、計画的なケアをすれば純白のウエディングドレスに負けない歯の白さを目指せます。

 

 

歯のホワイトニングは知覚過敏でも大丈夫

歯は加齢や食べ物、たばこのヤニなどによって徐々に黄ばんできます。黄ばみの度合いは人によって異なりますが、ひどい歯の汚れや黄ばみによって、笑顔や見た目に自信がないと悩む人もいます。

 

歯を白くできる治療、ホワイトニングが人気です。歯科医でできる治療は、歯に薬剤を塗り、光を照射することで歯を白くすることができます。
1回の治療でも白さを実感することができます。その際知覚過敏であると、薬剤に含まれる過酸化水素や過酸化尿素という漂白効果のある成分が、痛みや知覚過敏が悪化して痛みやしみる感じがするということがよくあります。

 

もうひとつ、自宅でできる治療があります。マウスピースを作成し、マウスピースの中に薬剤を塗ります。毎日1時間程度装着することで、徐々に歯を白くすることができます。自分でできますが、2〜3週間毎日継続する必要があります。
歯のホワイトニングの画像
治療は保険適用外となるため、手間だけでなく費用もかかります。もっと手軽にホワイトニングしたい、という人に人気がある商品が、薬用ちゅらトゥースホワイトです。
この商品は通常の歯磨き後に使用するホワイトニング剤です。
歯を白くする仕組みは、ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせてはがし、落とすというものです。歯を傷めず白くでき、さらに歯や歯茎の健康も守ります。虫歯、歯周病、歯肉炎、口臭予防につながります。使用方法も歯磨きに薬用ちゅらトゥースホワイトをつけて歯を優しくブラッシングし、吐き出すだけです。口をゆすいで軽くブラッシングするとより効果的です。
歯にしみないデンタルペーストなので、知覚過敏にもなりません。

 

ホワイトニング治療で痛みを感じたくない、という人にもおすすめです。

 

 

歯のホワイトニングに詰め物は邪魔になるの?

歯の黄ばみや歯の汚れを気になって人前で笑えない、だからホワイトニングをしたいと考えている人は、案外多いのではないでしょうか。
そんな人たちがいざ歯医者に行こうと思ったとき、ふと抱く疑問のうちの一つに『ホワイトニングのとき、歯に詰め物をしていたらどうなるの? 邪魔にはならないの?』というものがあります。
実はホワイトニングとは薬剤を歯に染み込ませて歯の中の色を脱色する施術法なので、人工物には薬剤が浸透せず、詰め物の色は変化しないのです。
そのため結果として、ホワイトニングされた歯と詰め物のあいだに、色の差が生まれてしまうことがあります。

 

歯のホワイトニングの画像

 

詰め物は『レジン』と呼ばれる材質でできており、その材質上、どうしても経年劣化を起こして変色してしまいます。
黄ばみや汚れが落ちて白く輝く歯と比べて、色や見た目に差が出てしまうのはしょうがないことだと言えます。
逆に最近歯医者に行って詰め物をしてばかりであれば、ホワイトニング後の歯の色と詰め物の色が近くなることもあります。
結論から言えば、ホワイトニングの際に詰め物は邪魔にはなりません。歯と詰め物の色の差もケースバイケースです。

 

もしも色の差が気になるようなら歯科医に相談し、詰め物を新しくしてもらうといいでしょう。ただし、詰め物の交換は保険が適用される場合とされない場合があるので注意してください。

 

保険適用なら数千円で済みますが、適用外なら数万円の高額費用を請求されることもあります。事前にご確認を。

 

また担当する歯科医の技術によって、詰め物をしたあとの歯の見栄えに違いがあります。

 

自分の通う歯科医の評判を確認し、信頼できると判断したなら、そのときは迷わずホワイトニングをおこなってください。