歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

MENU

歯のホワイトニング歯磨き粉口コミランキング2016【人気商品は?】

歯のホワイトニングの画像

歯のホワイトニングにおすすめ情報を掲載しています。ホワイトニングの基礎知識や疑問や悩み、口コミ商品などを掲載しています。ホワイトニングに興味がある方にたくさんの情報をお届けします。
このサイトでは安心安全になおかつ歯のホワイトニングにとても良い歯磨き商品をご紹介しています。

 

 

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

公式 サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像
保証 30日間返金保証 45日間返金保証 返金保証なし
商品名 Blanica(ブラニカ) パールホワイトPROEX プラス 薬用ちゅらトゥースホワイト
人気
評判
タイプ ジェルタイプ 液体タイプ 液体タイプ
特徴 ステイン・汚れ除去効果。強力に吸着していてもまっさらに。ポリリン酸、ピロリン酸を新配合。歯と同じ成分で白くコーティング。ハイドロキシアパタイトの中でも密着しやすい板状のものを独自配合。磨けば磨くほどキレイに メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸が歯の表面にこびりついている頑固な汚れを除去。黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防・短時間で汚れを除去 ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。
内容量 30ml 30g 30g
価格 2,430円 3,240円 3,980円
公式サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像

 

ホワイトニングのすすめ

歯のホワイトニングについて、たくさんの疑問や悩みなどを見かけます。
ホワイトニングにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?もちろんメリットとしては歯が白くなり、コンプレックスがなくなるなどのメリットはありますが、意外と知られていないデメリットもたくさんあるのです。

 

例えば、歯のホワイトニングをするときの痛みはあるのかとか、ホワイトニングの原理を知りたいとか、ホワイトニングにかかる費用はどれくらいなのか、とか様々な疑問や悩みがあります。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングの副作用とは

歯の黄ばみに悩んでいる人は、白い歯というのは憧れです。
それで歯を白くするホワイトニングを試してみたいという人もたくさんいることでしょう。ホワイトニングは専用の薬剤ジェルを歯の表面に塗布して歯を白くしていく施術です。

 

審美歯科などでも施術してもらえるし、自宅で自分でするホームホワイトニングという方法もあります。長年悩んでいた歯の黄ばみが、ホワイトニングによって白くできるのであればこんなに嬉しいことはないでしょう。

 

薬剤に入っている歯を白くする成分は、過酸化水素といって過酸化水素の濃度が高いほど歯を白くする効果も比例して高くなります。
そのぶん、知覚過敏などの副作用がでやすくなるといわれているので留意しておく必要があります。

 

知覚過敏がでるかどうかは、体質などによって違いがあり、個人差が大きいです。まったく出ないという人もいますが、中には非常に過敏に反応し、いたみやしみる、などの症状が何日間も続く人もいます。
そういった人は、濃度の低い薬剤ジェルから始めてみたほうがいいでしょう。
じょじょに慣れてきたら濃度を高くしていってもいいかもしれません。
歯のホワイトニングの画像
一度の施術で自分の理想の白さにならない場合は、何回か回数が必要になります。
まったく白くならないということはなく、1回ホワイトニングをすれば、だいたい1トーンから2トーンくらい白くなるのが一般的です。
それからホワイトニングは漂白して歯を白くする方法なので、歯の汚れなどは落とせない場合があります。
その場合は、歯のクリーニング歯のケシゴムなどを使用して汚れを落としたほうが良いでしょう。
歯をきれいにして思い切り笑ったりしゃべったりできれば、それだけで明るい気持ちにもなれるはずです。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングの費用(クリニックの場合)

歯科クリニックで歯を白く使用とする場合、ホワイトニングをすることで希望を叶えることができます。
しかし、より効果的に白くするためには、なぜ歯の黄ばみが起こるのかを知る必要があります。
人間の歯は、乳歯から永久歯へと生え変わります。乳歯の方が色が白く、永久歯の方が少し黄色が入った白い色をしています。
子供の頃は、誰でも白い歯ですが、年齢とともに黄色が濃くなります。これは、カレーなどの着色性のある飲食を繰り返すことで、表面に歯の汚れとして沈着していくことと、歯の内部にある象牙質という部分が加齢で黄ばんでいくという二つの理由があります。
歯の外側と内側から黄ばんでいくので、それぞれに対して処置をすることが大切になります。
まず、手軽に行えるのが歯の外側への処置です。
毎日歯を磨いていても、歯と歯の間などの細かい所の汚れを落としきるのはとても難しいことです。
そこで、歯科医院では、専用の機械を使って歯のクリーニングを実施しています。歯石が付いているなどの状態であれば健康保険が適用されるので、数千円の負担でお口の中全体をきれいにすることができます。
歯ブラシでは落とすことのできないヤニや茶渋もきれいになるので、歯の色が一段白くなったと実感できるでしょう。
歯のホワイトニングの画像
さらに細かいクリーニングには健康保険が使えないのですが、歯の表面をツルツルに磨き上げる効果があります。
5000〜数万円の金額がかかりますが、その価値は多いにあります。
クリーニングをしてからホワイトニングをした方が、成分の浸透がよくなります。
歯を白くするには、2種類あります。
歯科医院でスタッフに行ってもらうオフィスホワイトニングは、診療台の上に横になっているだけで歯を白くすることができます。
1回の施術だけでも効果を感じられるほどで、高濃度の特殊な薬剤を歯に塗り、光を照射させることで歯の内部まで成分を浸透させます。

この場合の費用は1回に付き1〜3万円が目安になります。
もうひとつの方法は、マウスピースを作成してもらい、そこに専用のジェルを入れて自宅で行うホームホワイトニングです。
1回やっただけでは歯を白くすることは出来ませんが、繰り返すことで少しずつ歯が白くなっていきます。
歯科医院に何度も通うことができない、忙しい人でもホワイトニングができます。
費用は5000〜2万円程度になります。ジェルを追加購入すれば、いつでも自宅で歯の黄ばみのケアができると人気です。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングの原理とは

歯の黄ばみなどが気になりだしたら歯医者で歯のクリーニングを受けるとある程度歯を白くすることができます。
歯の黄ばみや歯の汚れなどをある程度落とすことで、歯を元の歯の色に近づけてくれる効果が期待できるため、定期的に歯医者で歯のクリーニングを受けてみるのもいいでしょう。
また、かなり濃い歯の黄ばみや歯の汚れに関しては、歯のクリーニングだけでは対処しきれない場合があります。そのような場合には、歯のホワイトニングをすることで、歯を白くすることができます。

 

歯に付着してしまった色素などを落としたり、また、色素を分空きすることで、歯の明るさを向上させ、歯そのものを白くすることができます。そのため、歯を直接削ったりすることもなく、歯を白くすることができます。
これは、歯に対して有効な手段であり、詰め物などをしている場合には、その詰め物まで白くすることはできないといわれています。
また、虫歯などがあったり、治療中の歯がある場合などは、その状態により先に治療を終わらせてから、ホワイトニングをするか、また、ホワイトニング後に治療をするか、歯医者側の判断によりパターンが違います。
歯のホワイトニングの画像

 

歯を白くすることで、さまざまなメリットもあります。
周囲からのイメージアップになったり、また、歯の黄ばみや汚れなどにより、コンプレックスを抱えている方などは、歯が白くなることで、コンプレックスが解消することもあるでしょう。
また、自分のルックスにもある程度自信を持つことにもつながることもあるので、活発な行動が取れるようになる場合もあります。

 

歯の黄ばみや歯の汚れなどは、生活の中で食事であったり、タバコなどを吸う習慣があったりすることでも、黄ばみになりやすい傾向があるため、ホワイトニングで歯を白くした場合には、その後の生活も一度見直して、黄ばみや汚れなどが歯に残らないように心がけることも大切です。
歯に着色しやすい食べ物や飲み物などをできるだけ控え、タバコを吸う方は、禁煙を心がけることでもだいぶ、黄ばみなどの予防につながることでしょう。
また、食事で着色しやすい食べ物や飲み物などが出た場合などは、食事が終わった後に、すぐ水で口をゆすぐことが大切です。
そうすることで、ある程度、着色を防ぐことにもつながります。また、歯磨きも歯の汚れを残さないためには重要ですが、食事後すぐに歯を磨くと歯の表面のエナメル質にダメージを与えることもあるため、少し時間を空けてから歯磨きをすることも黄ばみや汚れ対策になるでしょう。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングに痛みはあるの?

私は接客業をしているので、日頃から身だしなみには気を付けています。
ですが、歯のホワイトニングはあまり気にしたことがなく、ケアをしていませんでした。
そんなある日、海外ドラマを見ていると、出演している人の歯が白いことに気が付いて、歯が白いと清潔感があるなと思いました。それで自分の歯を鏡で見ると、黄色くなっていて、着色汚れが目立ちました。
こんな歯で接客するのはいけないと思い、歯科でホワイトニング治療を受けることにしました。
私は家で行うホームホワイトニングを選んだのですが、薬剤が染みて続けるのが苦痛でした。それで結局途中でやめてしまいました。
痛みを感じることなく、自宅でホワイトニングができないかとネットで探していたところ、薬用ちゅらトゥースホワイトのことを知りました。
歯のホワイトニングの画像
歯をいためることなく、着色汚れを取り除き、さらに口臭や虫歯、歯周病予防にもなるとのことで、すぐに注文しました。ホワイトニングは痛いというイメージがあったのですが、薬用ちゅらトゥースホワイトは普通の歯磨き剤と変わらない使用感で痛みは全くありません。
使い方も歯ブラシにつけて磨くだけなので、普通に歯磨きをしているのと変わりません。
ホームホワイトニングでは、マウスピースを何時間も装着しないといけなかったので、薬用ちゅらトゥースホワイトの手軽さに驚きました。
ただし効果はすぐにはあらわれず、使用して1ヶ月くらい経つと、なんとなく薄くなってきたかなと感じるくらいでした。
ですが、2ヶ月を過ぎる頃になると、黄色くなっていた部分がなくなり、歯の色が明るくなりました。海外ドラマの役者さんのように白い歯ではありませんが、本来の歯の色に戻り、健康的な印象になりました。
私には薬用ちゅらトゥースホワイトでのケアが合っていると思うので、この状態を維持するために使い続けたいと思います。
歯のホワイトニングの画像

 

歯のホワイトニングに保険は使える?

人間の歯は、年齢と共にだんだんと黄ばんでいくという性質があります。
これは、カレーや赤ワインといった着色性のある飲食を繰り返すうちに、少しずつ歯の色まで着色されていくからです。
また、年を取ると、歯の内部にある象牙質の色が濃くなっていくために、内側からも歯の色が黄ばんでいく傾向があります。
白い歯の見える笑顔というのは、性別を問わず魅力的なものです。そのため、歯のホワイトニングを希望する人が年々増えています。
一昔前までは、ホワイトニングをするのは、芸能人などの限られた人だけでした。
しかし、結婚式前や面接の前などの人生の節目の時期に一般の人も行うようになり、最近ではお顔のエステを受ける感覚と同様に歯を白くしようと考える人が増えてきます。
歯のホワイトニングの画像
ホワイトニングをするためには、歯科医院に行く必要があります。
エステでも歯を白くするメニューがありますが、歯科医院でなければ歯を漂白する薬剤を使用できません。
歯科医院は虫歯や歯周病など病気を治す際には保険を使えるので、治療費は3割の負担で済みます。
けれども、歯を白くするというのは病気に対する治療ではないので、保険使えないことになっています。
保険治療は国によって治療費が一律に決まっていますが、保険外の場合は歯科医院が独自に料金を設定することができます。
そのため、同じホワイトニングの処置でも歯科医院ごとに料金が変わってきます。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングが1〜3万円、マウスピースを作ってもらい自宅で行うホームホワイトニングが5000〜30000円程度の費用が平均でかかります。より短期間で歯を白くしたい場合は、両方の方法を同時に行うデュアルホワイトニングもあります。
歯のホワイトニングの画像

 

ホワイトニングのあれこれ

歯のホワイトニングには様々な疑問や悩みがあることが分かりました。ホワイトニングをするにあたって、詰め物はしていてもよいのか?
ホワイトニングには保険が使えるのか?
自宅でホワイトニングをするには?など。
まだまだ疑問があると思います。

 

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

公式 サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像
保証 30日間返金保証 45日間返金保証 返金保証なし
商品名 Blanica(ブラニカ) パールホワイトPROEX プラス 薬用ちゅらトゥースホワイト
人気
評判
タイプ ジェルタイプ 液体タイプ 液体タイプ
特徴 ステイン・汚れ除去効果。強力に吸着していてもまっさらに。ポリリン酸、ピロリン酸を新配合。歯と同じ成分で白くコーティング。ハイドロキシアパタイトの中でも密着しやすい板状のものを独自配合。磨けば磨くほどキレイに メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸が歯の表面にこびりついている頑固な汚れを除去。黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防・短時間で汚れを除去 ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。
内容量 30ml 30g 30g
価格 2,430円 3,240円 3,980円
公式サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像